« 久しぶりの更新を少しでも意義あるものにするために | トップページ | 晩夏のお弁当 »

2010-08-01

眠っていたオーブンがやっと目覚めたときのこと

Photo_6

家のお庭にある使ってないバーベキュー用のオーブン。
これをちょっといじくれば、パンやピザが焼けるかも?なんて思いながらもず〜っとほったからかしにしてました。

Photo

やっと、このバーベキューオーヴンを改造するのに重い腰を上げてくれた人に出会い、彼のアイデアのもとに耐火セメントを購入して、なんとオーブンをピザ用に改造してくれました!!

Photo_7


日本ではもっともっと本格的なピザ釜を制作した経験のある彼に、ピザの材料やモッツラレラチーズへのこだわりを目覚めさせてくれました。水牛の乳で作られたのがホンモノのモッツラレラ。
これが、水牛のチーズの味ね〜、なんて確認したかったので
ピザにのっける前から、チビチビつまみ食いしてしまいました。
水牛の乳でできてるものだと知ってはいたけど、パッケージなどにわざわざ水牛モッツッレラと表示されてるくらいだから、ほとんどのモッツレらは水牛ではない牛の乳からで、ましてや去年イタリアではモッツレラチーズの偽造表記事件があった!食材を選ぶ眼を養うのは現代の主婦にとって極めて重要な仕事ですね。

Photo_8

           やっぱり生地は薄めですね。

Photo_9

完成ピザの完全な写真じゃないけど、オーブンからチラリと見えるだけでも、このピザがどんなにおいしかったか伝わるかと思います。


このピザオーヴンを改造してくれて、このオーブンで初のピザを作ってくれたのは、ベトナムからやってきたヨウスケ君とサナエちゃん。1歳4ヶ月の娘、ハスミちゃんを連れて今年の夏はアジア、ヨーロッパを旅しています。
最終目的の本格的なピザを求めにイタリアのナポリへと向かいました。
スイスも十分に満喫してもらえたようで、彼らのブログでスイス滞在の記事もさっそくアップしてました。

notechicksnailヨウスケ君とサナエちゃんのブログはこちらdash

      

|

« 久しぶりの更新を少しでも意義あるものにするために | トップページ | 晩夏のお弁当 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/35969568

この記事へのトラックバック一覧です: 眠っていたオーブンがやっと目覚めたときのこと:

« 久しぶりの更新を少しでも意義あるものにするために | トップページ | 晩夏のお弁当 »