« 夏の名ごりを保存食に | トップページ | ちょっとした焼き菓子 »

2010-10-17

ご冥福をお祈りします

Photo

昨日インターネットを観覧してて、私の大好きな料理の先生、林弘子さんがお亡くなりになっていたことを知りました。次回の帰国の際には必ず会いに行こうと決めていただけに、沸き上がる悲しさはごまかせません。

林弘子さんの本は何度も何度も繰り返し読んでいます。
以前に一度、先生の本をブログの記事にしたこともありましたね。
キャンプや旅行に行く時も必ず、林先生の本を携帯して旅先や自然の中で先生の文章を読んでは、料理に対する情熱を温めて家路に着くのが大好きです。

林先生の料理本はいわゆる写真が少なくて、エッセイ形式で、手作り調味料、
発酵食、味噌、醤油作り、自家製酵母のパン作りを執筆されていました。
林先生の大胆な文体が大好きで、麹菌育成、発酵食作りにおける
あらゆる菌を育てる精神や愛情の注ぎ方は、
林先生からたくさんたくさん学びました。


林弘子先生は私の料理の師匠です。


私の発酵食作りが、醤油や味噌まで辿り着いたのは、林先生の存在なしでは考えられません。


和の調味料が手に入りにくい場所で生活するのは
とても困難な状況だと思い込んでましたが
今となっては、和の調味料を全て手作りできることまでに至れたのも、
林先生のおかげです。

私のキッチンに常に常備しておきたい調味料や保存食たち、
麺つゆ、甘味噌、唐辛子味噌、ブールマニエの素、手作りキムチ、カレー用チャツネ、などなど、林先生のアイデアやレシピをたくさん参考にして、自分なりのレシピも出来上がってきました。

味噌や醤油作りに関しては、まだまだ起動に載ってるとは言い難くて、
3年味噌が出来上がった暁には、白醤油まで作れるようになった暁には、
林先生に、こうやって、遠い遠い東の国で先生の精神を受け継いで
和の発酵食作りに励んでいるモノがいるということを、
どうしても伝えたかった。


林先生、ありがとうございました。
先生の底知れぬパワーには、文章を読んでるだけで、ブログの記事を読んでるだけで、
圧倒され、たくさんの活力を頂いた、エキナセアでありました。


いつか先生のレベルにまで近づけるように
これからも、ゆるやかにかもします。かもさせます。
(あえて、頑張りますとは言いません。)


上の写真は林先生のレシピをもとに作った
青唐辛子味噌といりこの甘味噌の焼きおにぎり。

下は何度も繰り返し読んでいる林先生の執筆作品です。


和・発酵食づくりスローな手づくり調味料秘伝 自然発酵種のパンづくり


    

|

« 夏の名ごりを保存食に | トップページ | ちょっとした焼き菓子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして☆ツイッターからきました。
手作り満載の素敵な生活を見ていい刺激をたくさんいただきました(^^)♪
私は今千葉県市川市に在住なのですが、
来年から長野へ引っ越し築100年の古民家で、なんとか少しづつ自分達で手を入れながら、時給時速的生活を目指すつもりです。薪ストーブとか、とても羨ましく拝見しました。
これからも色々と参考にさせて下さい☆
林弘子さん、悲しいですね。
本、私も欲しくなりました。
調味料なども作れるようになりたいです。

投稿: ゆき坊 | 2010-10-31 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/37275478

この記事へのトラックバック一覧です: ご冥福をお祈りします:

« 夏の名ごりを保存食に | トップページ | ちょっとした焼き菓子 »