« 味噌のススメ(味噌について語ってみました) | トップページ | クリスマス、見習い魔女からのプレゼント »

2010-11-28

最後のダイコンの葉っぱと素揚げした大豆

Photo_2

雪が積もってきました。
外は真っ白です。あわてて、畑に残ってた大根の葉っぱを凍ってしまう前に全部摘み取りました。雪を掻き分けながら、大根の葉っぱさがし。お庭も畑も真っ白で、素手で葉っぱ摘みに挑んだワタシの手はキンキンに冷えきった。

Photo_2

なんと今年は取り憑かれたように大根の葉っぱを食べました。
畑の大根に加えて、葉大根という大根の葉っぱのみ食べる種類の葉だいこんもたくさん収穫。
この葉ダイコンはあっという間に育つからびっくりでした。
そして主役の大根はたくさん虫に食べられてて、葉っぱばかりが元気でした。

大根の葉をみじんぎりして、塩でをまぶして、
時間をおいたら、ぎゅっと水分を絞って、瓶にいれる。
それを冷蔵庫で保存しときます。

これが、チャーハンの具にもなるし
ゴマも加えて、玄米や白ご飯に混ぜると、菜っぱメシに。
納豆にも混ぜちゃうし、ちょっとダシ汁で浸して、大根菜のお浸しになったり。
瓶詰めしておくと、なにかしらあっという間になくなります。


小さい葉っぱは水に挿して、付け合わせなどに。


  

   
Photo_3


片栗粉と納豆とお水を少し混ぜて、定番の焼き納豆。
フライパンで両面をこんがり焼く、小さな大根菜をのせて焼いた。

  
Photo_4


大根の葉っぱをみじん切りして、ダシをとったあとのにぼしと
ごま油、みりん、醤油、黒ごまを加えて根気よく煎る。
これが、大根の葉っぱのふりかけ。
根気よく煎れば煎るほど、さらさらのふりかけに。
炒めた程度の火通しはソフトなふりかけに。
鉄のフライパン、もしくはホーロー鍋で調理するなら
根気よく煎った方が、鉄分も一緒に摂れて体を温めるふりかけになります。

ニボシを今回使ったけど、鰹節の方が味はまろやかになると思う。


下の写真の上は大根のはっぱふりかけを混ぜ混ぜしたご飯。


  
Photo_5

  

パッと見たら、ひじきとこんにゃくと大豆の炒め煮ですが、、、
大豆の色が、濃いでしょ?

最近はまってる大豆料理です。

大豆を一晩水に浸して、から煎りします。
煎った大豆を素揚げします。
素揚げした大豆、おいしくって、香ばしくって、
カイトにそのままあげても、パクパクたくさん食べるし、いいスナック!

素揚げした大豆を煮物にするのも
味がよくしみ込んで、香ばしさと食感がたまらない!

だいたい、大豆を一晩水につけて、煎って、揚げて、って
すごくめんどくさそうでしょう?
でもね、煮大豆よりじつはぐっと早いんです。
フライパンひとつで煎るもの揚げるのもワタシはやっちゃいます。
煮大豆よりカロリーは多少増えるけど、だっておいしいんだもん。

揚げ大豆の香ばしさがたまらないので
またまた揚げ大豆料理の研究という楽しい課題ができた冬始め。

スイスでは手に入る大豆の種類が少なくて、さみしい。

  

|

« 味噌のススメ(味噌について語ってみました) | トップページ | クリスマス、見習い魔女からのプレゼント »

保存食」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
はじめまして!
北海道に住む、ソフィーと申します。
スイスにお住まいとか・・・
手作りの心を込められた食品の数々をいつも楽しみにブログを読ませていただいています。足元にも及びませんが、おいしいものを家族に作るということを生活の中で大切にしていきたいとおもっていますがなかなか実践することができません。
でも、何もしないよりはできることを少しでもと、私なりにがんばっています。
またときどき遊びによらせてくださいね。

では、失礼いたします。

投稿: ソフィー | 2010-12-04 09:44

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/37868126

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のダイコンの葉っぱと素揚げした大豆:

« 味噌のススメ(味噌について語ってみました) | トップページ | クリスマス、見習い魔女からのプレゼント »