« 2011年、願うのは、家内安全、健康第一、それ以上でもそれ以下でもないように | トップページ | 飛騨の高山に行ってきました »

2011-02-26

やっぱり理想の住まいは、少しずつ足してく家、せきちゃんに学ぶ

Seki


国立は東京で一番思い入れのある街で
今回はカイトを連れて国立に2回も行くことができた。
現在、国立に在住している大学時代の仲間、せきちゃんの家。
なんと、『天然生活』という雑誌の表紙に!!

今年の春には取り壊されるという、
せきちゃんとリカちゃんのお家、是非一度は行かなきゃ!
と、行ってきました。

Dscn9917


Dscn9924


後ろに見える、椅子も家具もせきちゃんの手作り家具。

 

Dscn9912

子供の写真撮るの難しいでしょ?
かいとのやんちゃぶりに、苦笑いのせきちゃん。

ジャンプしまくるカイトに
『ここはいっぱい暴れていいよ、どうせ壊されちゃうし』
って切ないなあ。こんなにせきちゃんとリカちゃんの手で
足してきた家なのに。

Dscn9926_3

 

キッチンも素敵な陶器の器やかわいい雑貨でいっぱい。
棚も全て自分で改装したんだって。

私もついつい、せきちゃんに『カナのキッチンも見て!』って
iPodに保存してたスイスのキッチン写真も見せました。
私たちも自作キッチンなのよ!って。

でも、私は家具や陶器の器は作れないわ。
せきちゃんは、素材にとらわれない本当に『なんでも屋』

Dscn9903

かわいい玄関のドア、表札だって作ったんだね。

Dscn9898

なんてオシャレな光が入る家なの!って
家の中に入ってくる、陰や木漏れ日にでさえ感動。

Dscn9901_2

これも、せきちゃんが作ったんでしょ。
錆をもオシャレに使えるせきちゃん。

Dscn9918

別にわざわざ聞かなかったけどこのドアだって
きっとせきちゃんが作ったに違いない。


 

Photo_3


せきちゃんんちに遊びに来たついでに土器作家として
活躍中の熊さんも会いに来てくれた。

陶芸家をすでに飛び越え
熊さんは土器作家として名を挙げている
なんとも珍奇作家、としての道を歩んでるのも
今さらわたしは驚かないよ。

熊さんは私の長崎の実家に学生時代に2回も遊びに来てくれました。
熊さんの活躍は家族みんなでとっても喜んでます
個展前でバタバタだったのに、
わざわざ山梨から国立まで私達に会いに来てくれました。
クマさんありがとう。

5_2

クマという動物に特別に思い入れがあるカイトくん。

『ママのお友達に『くまさん』がいるんだよ』って話したら
目をキラキラさせて、『えっ?』って

本当にクマさんに会えました。
外身は人間だけど、なんかこの人やっぱ熊みたいだなー。
って、本気で思いました。

『クマさん、くるまのうんてんはやかったー』

と、かいとくんはクマさんの話になると
いまだにそう言う、熊の運転がとても印象的だったみたい。

無口に見えて、話好きの熊さん。
来年は工房に行って、たくさん話も聞きにいくねー。
意外に長電話好きの熊さんにスカイプの登録を薦めてみました。
熊はスカイプ、必要ないかな?

でも熊さん、スカイプは無料なんだよ、知ってたかい?

 

 

|

« 2011年、願うのは、家内安全、健康第一、それ以上でもそれ以下でもないように | トップページ | 飛騨の高山に行ってきました »

日本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/38866245

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり理想の住まいは、少しずつ足してく家、せきちゃんに学ぶ:

« 2011年、願うのは、家内安全、健康第一、それ以上でもそれ以下でもないように | トップページ | 飛騨の高山に行ってきました »