« 子連れなのに修学旅行みたいだった奈良の旅 | トップページ | はじめの一歩 »

2011-03-22

ご無沙汰してました


みなさま、ご無沙汰してました。

今回の震災で被害にあった方を想うととても心苦しくて
これ以上の震災被害が大きくならないよう、ただただ祈るばかりです。
少しずつですが、この土地から私にできること
次の世代に伝えていかなければならないことに力を注ぎたいと思っております。

今回の震災に伴い、福島原子力発電所の事故においては
世界中が注目しています。
これ以上の大きな被害がでないように
まずは浜岡原発を止めましょう。

私たちも日本からスイスへ戻って来て1週間が経ちました。
今回はスイスに戻っても自分の意識や気分は日本に居るまま
時差ボケもいつもはあってないようなものだったのに
とてもひどい時差ぼけが1週間も続きました。
夜中に目が覚めてはiPodの地震速報アプリを開いて、また大きな地震がやってきてないか
日本列島の地図を見て確認しています。
東京は大丈夫か?飛騨地方は?静岡は?九州は?
と、あの『311』以来、ずっとこんな感じです。

とにかく私がiPodを握りしめていても
何もできることはないので、日本からの情報をキャッチしつつ

味噌作り、麹作り、保存食作りに励んでいきたいと思ってます。
また、電気がなくても楽しいクッキングや
買わなくても自分で作れる調味料作りも
この2年くらい、私の生活のテーマでしたので
少しずつ、このブログを通して私なりの知恵を発信していきたいです。


Dscn0163_1677

さっそくですが、日本から米ぬかを1キロ持ってきました。
1キロなんと、30円でした。
米ぬかは1週間以内に加工しないとどんどん油かすがでてきるらしいので
日本に帰る前日に米ぬかを調達して、スイスに戻った次の日にぬか床にしました。
あれから、1週間経って、もうぬか床として完成しました。
ぬか床は保存の仕方、手入れのやり方次第では半永久的に持続できるそうです。
これからの私のぬか床の行く末も追々記事にアップしていきます。


Dscn0169_1683


それから、保存食作りの一つです。
タイ人の友達から、タイ産のキザミ海苔を大量に頂きました。
友人いわく、ちょっと古いって。
そして、少し湿気ってました。
それにこんな大量のキザミ海苔を食べきるのも大変なので
思い切って、全部お鍋にぶっこみました。

お鍋に湿気って普通に食べれなくなった海苔と
その海苔の量より半分くらいの水を入れ
醤油、砂糖、味醂、あれば酒、で味を調整しながら
ぐつぐつと煮込みました。海苔の佃煮です。
いわゆる、『ごはんですよ!』です。

湿気ったり、古くなった海苔は佃煮にしましょう!!

ヘギとカイトに大好評です。
ご飯にこの佃煮をのせて、すった黒ごまをたっぷりかけて食べてます。
おいしい、おいしい、ってあっという間に減ってます。


|

« 子連れなのに修学旅行みたいだった奈良の旅 | トップページ | はじめの一歩 »

被災地に向けてできること、チャリティイベント告知」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/39327006

この記事へのトラックバック一覧です: ご無沙汰してました:

« 子連れなのに修学旅行みたいだった奈良の旅 | トップページ | はじめの一歩 »