« はじめの一歩 | トップページ | お金の行き先について »

2011-03-26

味噌屋『えきなせ屋』のチャリティ商品です

Dscn0003_1521


みなさんこんにちわ。
スイスではすっかり春らしくなりましたね。
ここでまた一気に寒くなる日がいつ来るかわからない、
油断できない春のスイスですが、、、

私は先週、今週から、自宅のお庭の畑の開墾に追われてます。
今年は、耕す土地が増えたのでせっかく増えた畑が無駄にならないように
必死に耕して、種まきしてます。

この前の日本での滞在では、手作り味噌、市販の味噌、おかず味噌、いろんな味噌を食べ歩き、試食して、味噌工房にも訪ね、工房を見学させてもらって、味噌や麹作りの話をお聞きして、私なりに日本に居る間にスイスでもっと品質の高い味噌作りができりように動いてきました。

『えきなせ屋』という屋号でスイスに戻ったら
手作り味噌や、おかず味噌をはじめとする
キムチや麹を使った漬け物や発酵食をメインとした活動にしようと
決めていました。

まさか、『えきなせ屋』という屋号は
チャリティ商品と共にデビューすることになるとは
思ってもいませんでしたが。

私が味噌作りを始めたり、出来るだけ畑を耕したり、
調味料を作り続けていたのは、
きっかけは、原子力発電所という存在がおかしくて、おそろしくて、
それに依存する社会にすごく疑問ばかりが生じたのがきっかけでした。
反対活動ばかりするのも気が重く、
推進派の人たちとは水掛け論になるばかりでした。

原理主義的なな原発反対運動がこの2年くらいは心苦しかったので
あくまで手を動かして食を生産することが、
資本主義や原子力発電所に依存する社会に対しての
私のささやかで小さな挑戦でした。

パソコンに向かう時間も限られてるので、
原子力発電所に依存する社会のなかで生きることについての
自分が思っていること、小さくても行動に移していることの
つらつらは、追々ここにアップできたらと思ってます。

日常もいろんなことに追われてる私ですが
出来る限り、味噌屋を続けていきたいと思ってますので
みなさん、どうぞよろしくお願いします。

また、明日3月27日はアーラウのチャリティイベントにて出店します。
Aarauまで、出迎えない方も味噌やお米の種は郵送なども可能なので
商品を希望する方は、メール送信フォームからご連絡お願いします。


+++++++++++++++++++++++++++++++


Dscn0002_1520

    bud味噌屋『えきなせ屋』の商品bud


clover麦味噌は300グラム 7フランですclover
3フランを義援金にします。

今回の麦味噌の大豆は佐賀県産の無農薬大豆を使って作っています。
塩はポルトガル産の大西洋海塩。
麦はフランス産のBio RollGersteです。
大豆が日本からの大豆のため、少し値段がはってしまうこと、ご了承下さい。


clover雑穀味噌は300グラム 8フランですclover
4フランを義援金にします。
雑穀味噌の大豆はCoapのビオ大豆です。
雑穀麹はソバ、麦、ヒエ(Coapのビオ商品です)
塩はポルトガル産の大西洋海塩です。

雑穀味噌とはソバ、ヒエ、麦、玄米を麹にした味噌です。


clover黒糖ニンニクくるみ味噌は100g 
10フランです。5フランを義援金にします。
黒砂糖ニンニクくるみ味噌も出します。
菜種油でニンニクをじっくりと炒め、雑穀味噌とみりんと黒砂糖で味を整えて
くるみを混ぜ合わせた、卓上おかず味噌です。
ご飯にのせたり、きゅうり、蒸し野菜にのせて食べます。
ソバ、ヒエ、麦、玄米をそのまま麹にした雑穀味噌のおかず味噌です。
ミネラルたっぷりの沖縄産の黒砂糖で甘みをつけています。
そのまま食べて、元気になりましょう!

riceball岩手県で採種されたひとめぼれという種のお米riceball

ベランダで日本米を、、、バケツ稲を育てませんか?
ひとめぼれというお米の種があります。
無農薬、自然農で育てられたお米の種米です。
F1種ではないので、この種米で採種できたお米は来年も種になります。
畑がなくても、バケツでベランダやお庭で日本米を育ててみることができます。
コピーした、バケツ稲の手引きを一枚と、
岩手産ひとめぼれのコメ種を20粒くらいはいったパックです.
私も、スイスでお米を育ててみるのは今年が初めてなので
手引きや農業の本を見ながらの、作付けです。
夏でも朝夕の気温差が激しくなるスイスでも、育てられるように
冷涼気候に強く作られた、東北採種の種米です。
10粒で3フラン。2フランを義援金に回します。

お米の田植えの時期は5月なので、種に発芽させることから始めるバケツ稲は今が始め時です。郵送も可能なので興味ある方、育ててみたい方は至急ご連絡下さい。


Dscn0001_1519


snail今回の出店に際して

『えきなせ屋』では、手作りの包装、ラッピングも共に販売することを
モットーにしていたのですが、今回は急な出店がきまったこと、
私の自宅も子供を見ながら、今週は開墾と畑仕事に追われてる毎日で
包装や梱包に手が回りませんでした。
少しでも、手間やラッピング代も義援金に回せたらという思いもあって
今回の出店では、手作り包装を見合わせて
サランラップのみの、包装で、量り売りにさせてもらいます。
ご了承下さい。

|

« はじめの一歩 | トップページ | お金の行き先について »

被災地に向けてできること、チャリティイベント告知」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/39375469

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌屋『えきなせ屋』のチャリティ商品です:

« はじめの一歩 | トップページ | お金の行き先について »