« 春の山菜クッキング | トップページ | 赤いコチュジャンと緑の食材 »

2011-04-28

昔ながらの手づくりコチュジャン

Dscn0293_1807

昔ながらのコチュジャンって???

最近、なすんじゃさんの韓国料理の本などを中心に韓国料理にはまっています。韓国料理といえど、調味料やキムチに限ってるのですが。

そして、なすんじゃ伝授をもとにコチュジャンを作りました。


Dscn0271_1785


Dscn0278_1792


昔ながらのコチュジャンとは、、、なんと米麹と炊いたもち米を混ぜ合わせて
6時間保温するとに甘い甘い甘酒みたいな味のドロドロのお粥に変化します。タンパク質の糖化現象です。

Dscn0287_1801

これに、韓国産の粉唐辛子と塩をよーく混ぜ合わせて1週間発酵させたものが、昔ながらのコチュジャンです!!
最近のコチュジャンは水飴や豆味噌などを混ぜ合わせて作られたものが主流なのですが、この米麹ともち米の優しい自然な甘みと発酵でできた、コチュジャン、とってもおいしいです!!
マイルドな辛さに仕上がりました。

ウチでは、辛い料理が好きなのは私だけ。
ほんとはこのコチュジャンを使って、
たくさんの調味料や炒め物に使えるのだけど、
私は卓上にこのコチュジャンを置いといて、
もうちょっとチャーハンやスープ、炒め物に辛いパンチを効かせたときに、
私だけできた料理にのっけて食べてます。

食べるラー油という調味料が流行ってますが、我ながらこのコチュジャンは食べる麹(こうじ)だなあと思います。食べる麹シリーズはこれからもどんどん種類を増やしたいです。

コチュジャンはそれぞれの家庭によって、
千差万別の使い方がある調味料のようです。
どうぞ、このコチュジャンを手にした際は、たくさんの活用法でおいしく調理して下さい!
こんな使い方をした、こんな調味料ができたなどの、報告も募集します。

5月8日のAarauで開催される、日本へのチャリティイベントで販売させてもらいますので、すでに300グラム欲しいなど、ご希望があれば受け付けますのでよろしくお願いしますfullmoon

     

        

 なすんじゃさんのキムチ・ナムルとおかずの教室

    


   


                                                                                                                                                                                                     韓国料理が大好きです。チューリッヒにて、韓国の食材が手に入るのでスイスで生活しはじめて、韓国の食材や料理が日本にいたときよりも身近に感じます。
実は、スイス料理より韓国料理がずっと好きcoldsweats01
スイス料理は毎日は食べれないけど、韓国料理なら食べれる。。。。。気がして。

5月8日は、カクテキ、、、ダイコンのキムチの販売も予定しています。
欲しい方は、お早めに来て下さいね!!

    

|

« 春の山菜クッキング | トップページ | 赤いコチュジャンと緑の食材 »

コチュジャンを使って」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!本日Aarauでコチュジャンを購入させて頂いた者です。本当に美味しくて感激heart02 私も同じく少し料理にパンチが足りない時よくコチュジャンを足してましたが、これはそのままでもほんとに美味しい。お砂糖を使わないのに程よい甘さと辛すぎない絶品の美味しさですね。思わず炊きたてご飯に乗せて食べ、おにぎりの具にもしましたヽ(´▽`)/野菜ステイックにつけてもおいしそうですね。

投稿: パールっち | 2011-05-08 20:50

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/39780844

この記事へのトラックバック一覧です: 昔ながらの手づくりコチュジャン:

« 春の山菜クッキング | トップページ | 赤いコチュジャンと緑の食材 »