« 自家栽培の青紫蘇の葉で大人のおにぎり | トップページ | やっと念願の親子釣りデビュー »

2011-08-25

青い生鮮薬味と赤い発酵薬味で食べる、韓国冷麺アレンジ料理

Photo

またまた暑い日が戻ってきて、この10日間くらい山にキャンプに行って湖で泳いで、毎日のようにプールに行って、とても幸せでした。
日本で生まれ育った私としては、夏は暑い暑いとうだりながらたっくさん汗をかいて日に焼けて、冷たい麦茶を飲みながら冷たい食事を食べる日々がないと夏としてもの足りませんcoldsweats01
30℃を越える日の昼ご飯にはまったメニューが、コレでした!
チューリッヒの韓国食材店で購入した乾燥冷麺です。まるで糸こんにゃくに近い食感で、そうめんとは全く違う味と食感です。でも、そうめんと同じく2、3分で茹で上がるのでとっても調理が手軽です。
写真やレシピでは牛をベースにしたスープで、細切りにした牛肉やひき肉、ゆで卵や野菜をのせて食べるようですが、韓国冷麺を私流にアレンジして調理しました。
少し前に冷や汁そうめんを紹介しましたが、今回は冷や汁韓国冷麺です。

スープは
すり鉢でゴマを擦って赤みそと白みそを大さじ1ずつ、冷たいダシ汁を少しずつ加えて混ぜます。
私は冷蔵庫で一晩乾燥シイタケやいりこや昆布をお水につけといて、水出しのダシ汁をいつもストックしてるのですが、なければ粉末のダシをお水に加えて作ってもできます。冷や汁はダシが効いたお汁じゃなくてもお味噌だけで作ってもおいしいです。

茹でた麺を流水で冷やして
たっぷりの万能細ねぎと青紫蘇をみじん切り、大根の葉っぱもみじん切りにして塩揉みにする、トマトものせて、コチュジャンをたっぷりのせて、コチュジャンと麺と冷や汁をからめながら食べます。

青い生鮮薬味と赤い発酵薬味が効いた冷麺で、食べるととっても活力が沸いてきます!fuji


Photo


暑い日は冷たく冷やしたキュウリのキムチ『オイキムチ』も、夏に何度も作りました。
我が家では食べるの私だけなのが、ちょっとさみしい。

|

« 自家栽培の青紫蘇の葉で大人のおにぎり | トップページ | やっと念願の親子釣りデビュー »

コチュジャンを使って」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/41354431

この記事へのトラックバック一覧です: 青い生鮮薬味と赤い発酵薬味で食べる、韓国冷麺アレンジ料理:

« 自家栽培の青紫蘇の葉で大人のおにぎり | トップページ | やっと念願の親子釣りデビュー »