« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011-09-13

中秋の名月

Dscn0873_3427


fullmoonfullmoon昨日は中秋の名月fullmoonfullmoon
昼間の天気も、爽やかな秋晴れでした。
昨日は素晴らしい満月が見えて、植物も野菜も大きな満月のパワーをたっぷりと吸い取ったことでしょう。

夏野菜の達の元気がなくなってくるなか、もりもりとまだまだ成長する秋収穫の野菜たちを楽しみができてきました。ひょうたんもそろそろ収穫どきかな?ひょうたんは、観賞用の植物として最高です。ぶらさがったひょうたんを眺めてるのが大好きです!大昔の人たちも、食べれないひょうたんを器にしたり入れ物にしたり、赤ちゃんのおもちゃにしたり、さまざまな生活用品に使ってたようです。現代では、ランプやスピーカーに変身したりするようになりました。今年のひょうたんは何に加工しよう??

Ep6nd

稲もやっと、やっと、穂が出てきました!!
本当は8月の半ば頃から出てくるべきなのに、なかなか出て来なくて、、、
やっとやっと中秋の名月の日に間に合って穂が出て来たので、このまま天気のよい秋の日が続けば、秋の終わりに初の日本米を収穫できるかなwink

春にスイスでも日本米(東北の米)を育てようという、私の小さな企画で何人かの方に種米をお渡ししたのですが、みなさんの稲はどうなっているんでしょうか?気になります。
ちなみに我が家は、バケツではなくバスタブで育てました。

Dscn0868_3422

ウチのミニミニ田んぼ。ミニ田んぼでも、田んぼは田んぼ。
虫は本当に稲が好きなんですね。このバスタブ田んぼには、いっつもさまざまな虫が散歩したり、そっと隠れて暑さや雨をしのいだりしてて、小さな田んぼでもカイトにとっては大きな昆虫観察バスタブです。なにか見つけると、必ず報告しにくるカイトくん。やっぱ男の子なんだな〜、よく昆虫を見つけては興奮してます。

秋の終わりには、この加工したひょうたんや収穫した稲の報告をアップできたらなあと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-09-08

季節野菜は料理の修行

すっかり秋になりました。
少しばかり夏の名残りを感じさせる秋が心地いいです。

Cwatd

夏野菜って、どんどん実がなって
気がついたら、キュウリはお化けのようにおおきくなってたり
トマトはもう熟しすぎて、地に落ちてハエがたかってたり
食べごろの実がなるとすぐに食べてしまわなければなりません。
キャベツや白菜や大根は冬に育ったものは、そのまま畑で保存できますが
夏のキャベツ、大根、白菜はすぐに藤が立ち、花が咲いてしまうので
どうしよう、どうやって食べよう。。。
お裾分けしたり、保存食にしたり

今年の夏は特にトマトを食べることと加工に追われ、今年の夏はトマト料理の修業でした。
たくさん作ったトマトソース、トマトの水煮。瓶詰めにして脱気する作業が面倒くさくてしょうがなかったのが、今年は要領をつかむことができて、脱気作業が楽しかったです。そして、一番頑張ったのが、ドライトマト作り。太陽をいっぱい浴びたトマトにさらに太陽を浴びさせます。

Dscn0688_3248_3


Dscn0818_3372

Nvguw

半分に切ったチェリートマトに塩をふって天日干しにします。
天日干しのトマトは、干すだけですが3日間かかるので、週間天気予報をよ〜くチェックしながら、よし!今日だ!という日を見極めなければなりません。干したまま、でかけてしまい雨や夕立になってしまったり、温室だったら雨が降っても大丈夫だと思って干してたら、カビが生えていたり、けっこうドライトマトを作るために、散々な失敗をしましたが、今では週間予報を見て、干すのに絶好の日を見極めることに落ち着きました。オーブンでもできないことはないのですが、トマトと太陽の相性が良すぎるので、私はお天気とのタイミングをつかめばウキウキと朝からトマトを切って太陽をサンサンと浴びさせます。
セミドライトマトと呼べばよいのかな?今までは、カラッカラになるまで乾燥させてました。市販のドライトマトは一度水に戻して使うので、今年の自家製ドライトマトは水に戻してオイルに漬けるのではなく、完全に乾燥してしまう一歩手前でオイルに漬けました。カラッカラに乾燥させるよりも甘く仕上がりました。
濃く絞られたオリーブオイルとニンニクと鷹の爪の相性はバッチリ。
色合いが可愛くなるので、青唐辛子を乾燥させた鷹の爪もいれてみました。残ったオイルはトマトとニンニクと鷹の爪が効いて、パスタやサラダに使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »