« 自家製みりんとみりん粕 | トップページ | 無常のタレ »

2011-11-17

日本食の市に関するお知らせです Japanischer Spezialitätenmarkt in HINOKI

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。もう寒さが本格的に厳しくなってきましたね。私はとても古い古い家に住んでるので(なんと今どき珍しいセントラルヒーターなしbearing)です。頑張って毎日一人で、でっかい暖炉に火を起こしてます。今年は多少の重さの薪ならカイトも運ぶのを手伝ってくれるようになったし、毎年私の火起こしの要領もよくなってきました。それでも火起こし名人の夫が週末に火を起こすと、私が使う薪の三分の二くらいの薪の量ですごく部屋が暖まるので、まだまだ火の修行の道のりは長いようです。

ところで、11月27日にバーゼルのSisachにてイベントがあります。手づくりの日本食やお菓子やパンや日本食の乾物、雑貨などたくさんの商品が並ぶそうです。私も出品します。私は12月から日本に帰省するので今年はこの27日が最後の出店になります。
そして、バーゼルの『持ち寄り市場』にても、毎回一緒に出店させてもらってるパン屋の由美子さんと和菓子の知世さんも一緒に出店します。

budそしてチャリティとしても企画されてるこのマーケットでの売り上げの20パーセントが震災で避難生活を送っている子供たちの教育費として送られる『あしなが育英金』に寄付させて頂きます。買い物で世界を変えられたり、買い物で誰かを救うことができる、フェアトレード的な活動はこれからもどんどんいろいろな形で発展させていきたいです。

    

Dscn1128_3811

 
Dscn1177_3860

  
Dscn1175_3858


私は日本人なのに、こんがり焼けた厚切りトーストの匂いをかぐと、とても懐かしい贅沢な気持ちになってしまうのがとても不思議で、毎月由美子さんの食パンを買うのをとても楽しみにしています。フワフワとしたパンをたくさん食べて育った私。
小腹が空けば小遣いを握って、パン屋に掛け急いで並んだパンを選ぶその日本のパン屋さんは、中におかずが入ってたり、クリームがはいってたり、あんこが入ってたり、パンを食生活に組み込ませた日本のそのパン屋さんたちのアイディア惣菜ぱん、菓子パンを選ぶ楽しさはいくつになっても変わりません。

ましてや近年、日本のパン屋さんのレベルがどんどんと上がって来ているのを、毎回日本に帰国していろんなパン屋さんを回るたびに確信しています。
さすが、発酵食文化の国、日本のパン屋さんは近年は酵母をも、自由に操り、
工夫し、自作し、最近の日本のパン屋さんでは、そのいろんな酵母の独自の風味の香りを楽しむことができます。
由美子さんも、酵母をご自分で操って(という、表現でよいのでしょうか。)
スイスの小麦粉を使って、日本の惣菜パン、フワフワ菓子パンを再現してらっしゃいます。

その商品のバリエーションの多さには、これを女性一人で作ってらっしゃるのかと、毎回驚かされます。
そしてカレーパンやピロシキは揚げたて!中身のカレーのあんも、ピロシキのあんも、あんぱんのあんこも、クリームパンのクリームも、メロンパンの上の生地も、全て一人で作ってらっしゃる、その仕事量はまさにリスペクト!
わたしも、たま〜にパンを作るのですが、フワフワのパンには程遠いパサパサのパンばかり出来上がってしまうので、いつも小麦粉のせいにしてたけど、由美子さんのパンに出会い、ここの小麦粉で作ってらっしゃるこのフワフワパンの酵母の香りと食感には、由美子さん独自の研究心や腕の良さがプンプンと漂う、手づくりの優しい酵母でできた惣菜、菓子パン、ぜひ一度お試しになって下さいね。

breadbreadフルーリー由美子さんの無添加手作りパンbreadbread

   *食パン(ホテル食パン、切り込みの入った山型です。)
         卵、ミルク、バターをたっぷり使った、ほんのり甘いリッチな食パン。

   *菓子パン
       ・アンパン・クリームパン・メロンパン・アンドーナツ
       ・サツマイモとリンゴのシナモンロール
       ・かぼちゃパン
       (自家製カスタードと日本のかぼちゃの甘煮をトッピング)
       ・チョコチップメロンパン

   *調理パン
      ・カレーパン(辛口もご希望によりご用意いたします)
      ・照り焼きチキン
      ・ツナバンズ
 

   *焼き菓子
      ・米粉のシフォンケーキ(抹茶4号(直径12cm)
                  秋田県産米粉100%使用
      ・小豆のカステラ  


    
Dscn1209_3892


Img_0703


和菓子のイエガー知世さんと言えば、知らない人はいないんじゃないか?というのは大げさですか?
でも、そんな風に思ってしまうくらい、知世さんはスイスの日本のイベントでたくさん出店されていらっしゃる、ドイツ在住でスイスで売れっ子の和菓子職人です。

職人さんと言ってしまえば、ご本人に煙たがられてしまうかもしれませんが、知世さんも女性一人で全て作ってらっしゃるには、商品のバリエーションの多さと、きめ細かい丁寧な和菓子の出来栄えには、もう立派な職人さんとしか言いようがありません。
今年はいろんなイベントで一緒に出店するたびに、息子カイトに知世さん特性の『いちご大福』を何度もせびられ、知世さんも今日来るよ、と言ったら毎回、『いちごまんじゅう、買ってね』と、和菓子を今まであまり好まなかった息子が
今年は知世さんに会うたびに、『おまんじゅう、まま〜』なんて、息子がすっかり和菓子を楽しんで食べるようになったので、今年は私もカイトと和菓子をけっこう堪能しました。
子供と一緒にほおばる和菓子もおいしいけど、やっぱりみんなが寝静まって、
デザートに一人で食べる和菓子はもっとおいしかったかもbleah

   maplemapleともよさんの出店予定商品maplemaple

    *どら焼き2種(粒餡、栗入り漉し餡)      
    *クリーム大福(粒餡、抹茶、苺、桜、コーヒー) 
    *和菓子5個セット               
    *餅セット(蓬、紫芋、黒ゴマ、柚子、桜)    
    *和菓子2個セット              
    *栗饅頭、東饅頭              
    *苺大福


   

    

Dscn1145_3828


そしてこれは、初公開!のわたしの『雑穀麹』です。
今年一年を振り返ってみると一番好評で問い合わせが多かった商品が
『雑穀味噌』でした。雑穀味噌は雑穀を麹にした変わり味噌です。
日本でも売ってるお味噌屋さんはけっこう珍しいです。私の雑穀麹は麦、ヒエ、ソバの実、アンデスキヌアを麹にして、大豆と塩と雑穀麹を混ぜ合わせるときに米麹も一緒に混ぜ合わせます。実は一年前にこの会場『HINOKI』にて麦味噌をドキドキしながら、初めて販売しました。1年前には麦味噌を商品として出すのがやっとだったけど、今年は雑穀麹を仕込むコツも心得て、私も味噌職人に一歩近づいたかな?と自負しております。
今回の食の市での商品は

     *雑穀味噌 
     *甘口麦味噌 
     *西京味噌
     *自家製焼き肉のタレ
     *『コチュジャン』
      (マイルドとピリ辛の2種類の辛さをお選び頂けます)
     *季節のおかず味噌『黒糖にんにく胡桃味噌』

などを出品するつもりです。タレに関しては仕込み始めてから、またマーケットの直前にどんな材料で仕込んでるのか報告をかねて宣伝の記事をアップするつもりです。



他にも主催者のHINOKIさんの企画でたくさんの委託商品も並びます。

 sunwave日本食のセレクト乾物sun

『干し柚子、北海道利尻島産昆布、能登半島皆月名産わかめ、有明海産 無添加味付けのり、有明海産 韓国風味付けのり(アレルギー対応小麦、大豆アレルギーの方もO.K)長崎 島原産 釜めしの素、ひじきご飯の素、鹿児島産煎茶)おかき、おせんべいなど。』


 bottle日本酒、焼酎の販売(数に限りがあります)bottle

  *北海道の日本酒『男山』 
  *京都松本酒造
  *益田酒造純米酒『月の桂』
  *胡麻焼酎仕立て


 piscesたい焼きの販売pisces

  *直火焼きたいやき鉄板のたい焼き販売

  

 budxmasその他にもクリスマスマーケットも兼ねてあるイベントなので 
             手作りのギフト用の商品もたくさん並びます。

  *和食器、おちょこ、とっくり、湯のみ、急須
  *手づくりのハーブオイル、バスソルト
  *日本のお菓子
  *手作りのギフトカード


bookbook「カオマ書店」日本の古本の販売bookbook

この「カオマ書店」は、毎年秋にZUGで有志の方々がザンビアのエイズ孤児院、カオマ・チェシーアホームの為のバザーを開催しておられ、古本販売も収益の一つとなっています。この日本書籍が「カオマ書店」です。古本の収益はホームの口座に振り込まれます。また古本の寄付も歓迎です。

・゜☆゜・。。・皆様のお越しをぜひぜひお待ちしています★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・


  2011年11月27日 日曜日 (12時〜17時)

場所 HINOKI       telephone 061 973 0342
Hauptstrasse 28
4450 Sissach BL
  pc Email Hinoki@gmx.ch

駐車場は 家の100m手前にあるFUSSZONEかMIGROSの裏手にMIGROsの駐車場があります。会場はMIGROSの前のピンクハウスです。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


|

« 自家製みりんとみりん粕 | トップページ | 無常のタレ »

食の市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/43052253

この記事へのトラックバック一覧です: 日本食の市に関するお知らせです Japanischer Spezialitätenmarkt in HINOKI :

« 自家製みりんとみりん粕 | トップページ | 無常のタレ »