« バーゼルBottmingenより、クリスマスマーケットと持ち寄り市場のお知らせ | トップページ | おせち料理を学んできました »

2011-12-01

西京味噌を使ったメニュー その2

西京味噌を使った料理をどんどんアップしますと言いながら
すっかり遅くなりました。

こんなに調味味噌として使えることを発見した私、、
お客様に西京味噌は素晴らしいです!!と宣言して
たくさんの人たちに販売させて頂いたので
西京味噌をご購入頂いた方たちの冷蔵庫の中でお味噌が眠ってしまわないように
思いつく限り、西京味噌を使ったメニューをアップしたいと思ってます。


Dscn1150


先日はアーラウの収穫祭に行ってきましたー。
普段はマーケットやスーパーでは見ることがない野菜たちを
購入することができたり、野菜を使ったオブジェを見ることができました。

Dscn1165

珍しい野菜のひとつ、黒大根!!
皮が黒いけど、切ると中は真っ白の大根。
生で食べると辛くて、熱を通すと普通の大根よりも甘くなる黒大根。


     

             黒大根のピザ


Dscn1250

そんな黒大根を焼くとおいしいだろうなあと思い
輪切りの薄切りにして、西京味噌をのせてグリュエルチーズをのせて焼きました。他にも西京味噌で作った紫蘇味噌や紫蘇味噌にコチュジャンを混ぜたピリ辛紫蘇味噌ものせてみたり。
モッツアレラもいいけど、大根とグリュエルチーズでもバッチリでした。
普通の大根でも大根のピザができるので、是非お試し下さい。
でも、この黒大根ので作ったピザって色合いが素敵です。


            発酵調味料で手巻き寿司

Temaki


魚がなくても、冷蔵庫に常備させてるおかず味噌やコチュジャンをちょっとアレンジして、卵焼きや納豆やアボガド、キュウリ、ニンジンを並べて、どれを巻こうかな〜〜〜??って選ぶのが楽しくなる手巻き寿司を我が家では最近よく食べてます。これにお味噌汁があったら、もう立派なおご馳走です。
ちなみに私は寿司メシでは食べないのですが、寿司メシの方がよい方はお好みで。


右側の鈍いピンクの食材は、これは一体なんでしょう??


Dscn1277_2

これは 練り梅味噌です。

梅干し3つを種を抜いて実をすり鉢ですり、そこに西京味噌小さじ2はちみつ大さじ1加えて、ペースト状になるまで根気よく混ぜます。
分量に関しては、調味料はほんと家庭によって味の加減が違うので味噌も梅もはちみつもお好みで足したり引いたりして下さいね。夏はキュウリとの相性が抜群です。
これ、梅が苦手な子供も食べやすくなっておいしいですよ!!


左側はコチュジャンとマヨネーズを半々の割合で混ぜ合わせました。
コチュジャンだけじゃ辛くて、手巻きに載せられないので
マヨネーズと混ぜたら、まろやかなコチュジャンになりました。

アボガド、納豆、マヨコチュ巻き
こんな感じで発酵調味巻き寿司、はまってます。
ベジのお客様が来たときも、みんなで楽しく食べられますね。

Photo


clover西京味噌についてはここをクリック
flair他にも西京味噌を使ったメニューはここをクリック


|

« バーゼルBottmingenより、クリスマスマーケットと持ち寄り市場のお知らせ | トップページ | おせち料理を学んできました »

味噌のすすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/43455157

この記事へのトラックバック一覧です: 西京味噌を使ったメニュー その2:

« バーゼルBottmingenより、クリスマスマーケットと持ち寄り市場のお知らせ | トップページ | おせち料理を学んできました »