« 西京味噌と塩麹を使ったメニュー | トップページ | Museum Rietberg SternenFestにて出店のお知らせ »

2012-06-26

究極の滋養冷や汁

Img_0989_2

昆布といりこを冷水に漬けること半日、
ゆらゆらと煮立たせずに火をいれる。
丁寧にとっただし汁、
このまま汁物にして飲みたいところをぐっとがまん。
お粥と少しの米麹をいれて10時間発酵させてみました。

きっと酵素、天然アミノ酸、ブドウ糖、麹菌、乳酸菌がいっぱいの
甘酒風のだし汁。
これに西京味噌と甘口合わせ味噌とすりゴマを混ぜ合わせる。
薬味はお庭のネギと大葉とキュウリをみじん切りに。

究極の滋養冷や汁。

熱くない冷たい味噌汁『冷や汁』はお味噌の酵素も酵母も生きたまま食せます。
だし汁甘酒はとったダシ汁をお粥と米麹で発酵させて甘酒風の仕上がりに
天然のアミノ酸やブドウ糖がたっぷりのだし汁になります。


お庭のネギと大葉とキュウリも食べたいだけ収穫できるようになってウキウキです。


|

« 西京味噌と塩麹を使ったメニュー | トップページ | Museum Rietberg SternenFestにて出店のお知らせ »

味噌のすすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080392/45918358

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の滋養冷や汁:

« 西京味噌と塩麹を使ったメニュー | トップページ | Museum Rietberg SternenFestにて出店のお知らせ »