« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012-08-25

『ひとりじゃないよ』の向こう側へ、皆様のご協力の報告と福島県からのメッセージ

みなさまこんにちわ。

今日は福島県白河市の子育て支援の会をボランティアで運営されてる、永野美代子さんからメールを頂きました。

半年ほど前に、バーゼルの山本加奈子さんから福島の人たちに何か支援ができないか、アイデアはありませんか?とご連絡を頂き、同じように震災以降に原発で起こっていることで、何か一緒にできませんか?お声をかけて頂いてたとウィンタートゥールの山本香名恵さんにもご協力を得まして、少しずつ私が日本から仕入れてきた、フェアトレードの雑貨などの販売をしました。

まずは、寄付先をどこにするかというところから話し合いを始めました。顔が見える支援、本当に喜んで頂ける支援、継続できるようなしくみにすることを希望しまして、既に福島県に支援をお一人で始めてらしたチューリッヒでマッサージサロンを経営されてるワグナー道子さんにご紹介して頂きまして、福島県白河市『たんぽぽサロン』に長崎県から野菜や乾物食材をサロンに集まる小さい子を持つお母様たちへ送ることにしました。

販売の際には、バーゼル持ちより市場の主催者、琴音さんから快い承諾とご協力を頂きまして、第一回はバーゼル持ち寄り市場にて、香名恵さんと郁代さんに販売して頂きました。その日は、私がお味噌の販売で手がいっぱいでしたので、お二人に販売して頂けてとても助かりました。

そして、アールガウの『にんじんカフェ』を不定期に主催されてるかおるさんからも、ご協力を得まして、6月のにんじんカフェにても雑貨を展示させて頂きました。

Img_0864_2
Img_0865_2

市場の様子の写真です。
私からもチャリティお惣菜を出させてもらいました。


    
そして頂いた寄付が 今現在 406フラン 


  
****みなさまからの第一回目の支援*********

長崎県佐世保市からのレストランを経営されてる沖津健太郎さんが、たくさんのタマネギを送ってくれました。沖津さんは佐賀県の農家から規格外で廃棄処分されるタマネギを200キロほど引き取ったとブログにて発信していたので、連絡して福島県白河市『たんぽぽサロン』の住所を紹介しました。規格外の野菜とは、大きさが小さいというだけで市場に出回らずに廃棄される野菜です。
日本でこんなことが平気で行われているとは、それにも驚きです。
この企画は送料のみ負担させて頂いてますが、畑から玉葱を運び出したり梱包してくれたりと沖津さんの労力にも感謝、感謝です。

玉葱を送って頂いた沖津さんからの報告ブログ

http://sasebchikyuya.jugem.jp/?eid=1932

玉葱を受け取った永野さんからの報告ブログ記事

http://miyokokoko.seesaa.net/article/272882568.html

   
*****みなさまからの第二回目の支援*******

8月に長崎県西海町のフェアトレードカフェ経営者の森田敦子さんからのご協力を得て、夏の野菜やカレースパイス、ひじきやゆで干し大根などの食材を送って頂きました。

福島県からの写真も届きました。

20120825_160129_2
20120825_160331_2

食材を送って頂いた長崎県森田さんからの報告ブログ記事

http://pao55.jugem.jp/?eid=50

食材を受け取った福島県永野さんからの報告ブログ記事

http://miyokokoko.seesaa.net/article/288237684.html


この支援は、

*寄付をする立場(スイスから)
*寄付を受け取って物資を用意してくれて福島まで発送する立場(長崎県より)
*最終的に支援を受け取って頂く『タンポポサロン』のお母様たち(福島県より)

という3者の立場でお互いの気持ちも一緒に報告しあえたらと思っています。


福島県の永野さんたちが9月の28日から30日まで白河市でイベントを企画されてるようです。チラシも出来上がってるようです。

イベントのタイトルが『ひとりじゃないよ』

『ひとりじゃないよ』というタイトルの向こう側に、いろんな想いを馳せながら福島県で子育てをされてるたくさんのお母さん達の立場を想像してしまいました。永野さんは、そんな福島県に在住してる小さい子を持つお母さんたちの悩み相談や交流の場を『たんぽぽサロン』にて運営されてます。
永野さんとは支援先として紹介して頂いてから、メールのやり取りを何度かして、最近になってようやく永野さんの活動について把握して、逆に永野さんの頑張りにわたしが励まされてます。震災後に余震が続く中NPOを立ち上げて、お母さん達が集まれる場所を提供しているそうです。
震災以降、福島県にずっと留まってボランティアを続けてらっしゃる永野さんからのメールの様子では、同じボランティアといっても義援金を受け取ってる人と受け取らずに活動してる人と、いろんな立場の人がいらっしゃるようです。

はい、どこにいてもひとりじゃありません。
福島県に在住してる小さい子を持つお母さん達が、あの震災以降に取り巻く生活が全て変わってしまって、もしかして自分はひとりだと感じてる方がいるのなら、わたしは少しでも、気持ちだけでも『福島で起こっていることを決して忘れてなんかいない』というアクションを起こさずにはいられません。

行政に、電力会社に、失望している人は、もはや少なくないと思います。

私もかなり失望しています。
国民の声は全く届いてないし、ぱっと見た受け取った印象だと社会は何も変わってないように見えてしまいます。しかし、それは本当でしょうか?
少なくともあなたの、自分を取り巻く環境や価値観や意識はどれだけ変わりましたか?
自分の価値観や意識が変容して変わってくれば、それは自ずと行動に移されます。これが人間特有の能力です。話すことや、繋がる人、買い物する食材もモノも、得る情報源、家庭でのエネルギーの使い方も変わってくるんです。
行政の人たちの行動ばかり追ってても何も変わらないように見えてしまうんですが、私は自分を取り巻く環境や繋がる人や輪を例えたら随分と変容したし、世界は本当にひっくり返ってきてるように感じています。

だから、たとえどんな小さな行動でも、行政にも、大きな名ばかりの義援金集めにも、偏っておかしな経済流通にも、うんざりして失望したら、経済圏も流通圏もこうやって自分たちで作るしかないし、自分たちで作る経済圏は可能だと私は信じています。

今、この3者の支援の立場と輪が固まって落ち着いてきて、
これからも継続できるように整ってきました。
必要な人たちに、必要な支援をする、そのために自分たちで独自の物資とお金の流通を作り上げる。この企画の雑貨販売も全てフェアトレードの商品です。雑貨を作った方達へのフェアな支払いと、利益は福島に食材と気持ちを送る。小さいけど、たった一つの買い物が遠い国の困った人たちに喜んでもらうことができるんです。忙しいけど、何かしたい、協力したいという方たちのために私は誰かを幸せにする『買い物』という行為にフォーカスしてます。


これからも、この支援を続けていくために
皆様にまたご協力をお願いする機会があると思います。
もし、賛同して下さる方がいらしたら
アイデアでも、お手伝いでも、寄付でも、大歓迎です。
みなさまの意見なども、お待ちしております。

以下、福島県の永野さんから、昨日頂いたメールをそのまま添付します。
私は、代表者としてこのメールを受け取っていますが、福島県からのメッセージはお買い物して頂いた皆様、販売や販売場所を協力して下さった皆様宛のメールです。


mailボリガー可奈子さま

可奈子さん、こんばんは。
福島県白河市たんぽぽサロンの永野です。
ご連絡が大変遅くなってしまってすみません。
長崎の森田さんと何度もメールのやり取りをさせて頂いて
とてもステキな方だと感じました。

そして、たくさんの食材リストも送っていただいて感激していました。
すぐに調理しなくても日持ちするように

そして、やっぱり子ども達にとって身体に優しいものがいいね・・と
ママたちや仲間達みんなで相談して、ゆで干し大根(福島では、切り干し大根。
ゆで干し大根は、初めて知りました)や、ヒジキなどの乾物をリクエストさせていただきました。送られてきたたくさんの贈り物の中には、森田さんのお店で使っているというカレーの壺というルーまで入っていて、みんなでびっくり。大喜びしました。

本当に嬉しかったです。 
スイスからの応援、受け取りました。

たくさん励まされました。ありがとうございました。

http://miyokokoko.seesaa.net/article/288237684.html


                      たんぽぽサロン
                         永野美代子


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-08-21

夏の塩麹、イタリアンメニュー

Photo

Photo_2

塩麹を使った夏のメニューを紹介します。
とっても簡単です。材料はこの3つです。

*オリーブオイル
*トマトピュレ
*塩麹

チューブにはいって売ってるトマトピューレがありますが、トマトピュレとオリーブオイルと塩麹でけっこう美味しいトマトソースが簡単に作れます。材料3つを混ぜるだけです。オイルの量も塩加減もお好みで。暑い日にパスタを茹でて、流水で冷ましてこのトマトソースとパルメザンチーズとバジリコで食べる冷たいパスタです。

塩麹もオリーブオイルも加熱しないことによって、酵素や麹菌やアミノ酸、オリーブオイルのビタミンも栄養素も壊さないまま完全に摂取できます。写真のオイルは以前にも紹介した、私が推奨するオメガ3も摂取できるオリーブオイルです。コープに売ってあります。オメガ3を摂取するためのオイルは自然食品店などにいろんな種類で売ってますが、コープにはオリーブオイルがベースのオメガ3を摂取できるので、パンにつけたり、サラダにしたり、加熱しないで摂取するのに美味しいし、料理に使いやすいので、本当におすすめです。高い美容液を顔に使うのもいいけど、加熱しないオリーブオイルやオメガ3成分がはいったオイルを摂取することによっても、美肌ケアを期待できます。
パルメザンチーズはカルシウムたっぷり、バジルはβ-カロテンが摂取できて、β-カロテンは免疫力を高める効果があり、抗酸化作用が期待できるし、この冷製パスタは完全な夏の滋養イタリアンメニューだと、思い込んで暑い日に食べてます。


もう一つ、サラダドレッシングにしても美味しいです!

Img_1742

*オリーブオイル
*バルサミコ酢
*塩麹
*(お好みでサラダ用のナッツやプロバンスハーブなど)

サラダのドレッシングもこの材料を3つ、シェイクするだけです。
お好みで、ハーブやナッツやオニオンパウダーとかいれます。

写真のつぶつぶはアンデスキヌアという南米産の雑穀です。
スイスではまた違う種類の雑穀がたくさん売られてます。
キヌアは20分くらい茹でます。
ザルにあげて、冷ましてからサラダにします。
ざく切りにしたトマトとキュウリとキヌアを塩麹ドレッシングで和えました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-08-20

ほったらかし発酵 de 完璧な米麹

Img_1836_2

スイスでは珍しく8月の後半に暑い日が続いてます。

米を蒸して、種麹をまぶして、保温して発酵させて米麹を作ります。
菌を混ぜて、出来上がりまで48時間くらい。

24時間経つと、米に麹菌の繁殖が目に見えるようになって
そこから先は、菌が回りはじめている米自体も自然発熱しはじめる。
部屋の温度や湿度の状態にもよるが、夏場は24時間以降は
木綿の布に米麹を包んでバスタオルで包み、ただ、ただ、ほったらかしておいた。

48時間後に開けてみた米麹は完璧だった。
菌の回り具合にムラがなく、とても質のよい米麹に仕上がった。
48時間の間に米麹の様子を確認したのは、24時間後のたった一回だけ。

麹を作るのに、私は温度計も湿度計も使わない。
特別な調理器具も発酵機器も一切使わない。
木綿の布に包んで、湯たんぽで温める。
菌の回り具合が見えてきたら、そのときの気温や湿度や季節によって
ほったらかしたり、さらに温め続けたり。
何度も何度も、一年中仕込んでるので
気がついたら発酵食や季節の手仕事をつくるために、
気温とか湿度とかを気で感じ取って、『今日の麹はこうしてあげよう』とか
『今日はあのお味噌をかき回しとこう』とか全て勘で感じ取るようになった。
私には、手に取って教えてくれる先生や師匠がいないし、
ここは日本の気候とは違うから、とにかく実践して、実践して、作ってみて
失敗して、成功して、失敗して、成功して、
『失敗は成功のもと』というけども、本当に失敗したときの原因がわかったときの
『あ〜〜なるほど!!そっか!だから失敗ね!』と
自分で失敗して、原因に気づいたときが一番何かを得た気になった。


麹屋さんは一度に20キロも30キロもの米麹を仕込むけど
わたしは一度に2キロの米麹を仕込むのが限界。
少量のお米で作る米麹は、この勘さえ備われば一年中どこでも作れる。
日本米じゃなくても、いいことだってわかった。

こんな直感をもとに味噌や麹を仕込んでるのだから
この感覚は絶対に失いたくないし、学びたい人がいたら伝えていきたいし
やっぱり、私はこのまま大量生産はしない方針で
味噌や発酵のプロフェッショナルでもなければ、資格だって経歴だってなにもないし
ほんとにただの『発酵好きのマニアックな主婦』という立場でいいかなwink

どうやって、麹を作りたい人たちに作り方を伝えていくか
みなさまのご意見やアドバイス、お待ちしております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012-08-11

はじめて作った根性なし鉄火味噌

Photo

なめ味噌の種類の一つに根性鉄火味噌というものがあります。
マクロビオティックでも推奨されてるおかず味噌です。
極陽性の食材として、身体を温め、滋養強壮には最高のふりかけです。
これから一気に寒くなるので、秋以降に重宝しそうなおかず味噌。

これも夏休み中に一人の時間を頂いたときに初めてつくってみました。

Img_1407_3


Img_1411_2

今までもずっと作ってみたかったのですが、ごぼうやレンコンが手に入らないために作るのを諦めていました。今年はなかなか畑仕事に精をだせずにはがゆい思いをしていたのですが、種を撒いてほったらかしていたゴボウとニンジンがかなり立派に育ってたので、間引きゴボウとニンジンで鉄火味噌作りにチャレンジしました。

材料はニンジン、ゴボウ、レンコン、ネギ、ゴマ、ショウガ、を小さく小さく刻んでごま油で炒めて、お味噌を加えて真っ黒になるまで炒り続けます。
レンコンは手に入らなかったので、なしで作りました。
野菜はゴマの粒よりも小さく刻むこと、半日以上は味噌と炒り続けるということで
根性鉄火味噌と名付けられてます。
これだけの根菜もふんだんに使うことからも、根性もいいとこです。


鉄火味噌はペースト状からさらに炒り続けると、パラパラのふりかけ状態になってくるそうです。
私は、ペースト状の時点で断念してしまいました。
だから、根性なし鉄火味噌です。


それでも、ゴボウの風味が効いたこのお味噌、とても美味しいです。

 Miso_4

Tekkamiso_4


さわり心地もとてもよく、泥団子の要領でカイト君とコロコロフンコロガシみたいに丸めたものをご飯に混ぜて、おにぎりにして食べてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-08-05

ひしお味噌について

Dscn4313


夏休みに一人になれる時間を頂いたので、久しぶりに醤油糀を作りました。
醤油糀は、また米麹や麦麹とは違うタイプの麹カビでうぐいす色に近い黄色に仕上がります。

今回は丸麦を煎って、茹でた大豆と混ぜ合わせ麹菌をまぶして発酵させました。
前回はこの醤油麹に14パーセントの塩水を加えてそれを濾したものを自家製醤油としてつくってみました。が、今回はちょっと注目している『ひしお味噌』にしてみました。

ひしお味噌とは

ひしおを漢字で書くと、『醤』です。
奈良時代から伝わる調味料で、現代の醤油と味噌の原型とも言われています。
私も食したのは自分で作ってみた『ひしお味噌』が初めてです。
味噌と呼ばれるようになったのは、室町時代で戦国時代は武田信玄や伊達政宗が味噌汁を推奨し、武士たちのあいだで味噌汁が大流行したそうです。

上の写真は右側が2年前に仕込んだ醤油です。まだもろみと一緒に漬けてあって濾してません。
なんとなくこの状態で保存してまして、醤油が足りなくなったりなくなったときにちょこちょこ使ったりしています。真ん中が、今回作ったひしお糀に醤油をいれました。いれたすぐの状態です。
左側が今回作ったひしお糀に14パーセントの塩水をいれました。これが一年後には醤油になります。少しの量なので、贅沢にもヒマラヤ岩塩で作りました。

Dscn4301


実は2年ぶりに醤油糀を仕込みました。
2年前に仕込んだときは黄色の糀カビしか繁殖しなかったのが、今回は少しばかり米麹のほうの糀菌も繁殖してしまいました。このキッチンには糀カビが住みついてるんですね!
写真では見えづらいですが、米麹の方の糀カビも生えています。

一日目からすでに米麹カビも生えてたのですが、3日目になると黄色い糀カビの繁殖力が強くて米麹カビの方は少しばかり残ってました。

味噌屋と醤油屋さんは別物で一緒に生産しない理由がなんとなくわかりました。

そして、コツをつかむまでに一番失敗した回数が多かった醤油糀。
しかし、ひしお糀は味噌用の米麹や麦糀に比べ、実は作りやすいということがわかってきました。正しい気温と湿度の日をキャッチすれば特別に保温したり、温度を下げたりと、温度調節しなくても置いとくだけで勝手にカビが繁殖します。

スイスでは夏のこの時期に作りやすいかと思います。
冷房も暖房もない部屋で25度前後の部屋に布をかぶせておいたら、3〜4日経てば大豆と麦が黄色いカビで繁殖しています。日本では9月の終わりから10月でしょうか?

私もまたひしお糀を作って、欲しい方のためにご注文を承ろうかと検討中です。
興味がある方には、是非試食して頂きたいのでご注文を頂いたお客様で『ひしお味噌』を試食されたい方には、先着10名様に50mlの瓶に詰めた『ひしお味噌』を2フランで一緒に梱包しますので、ご注文の際には『ひしお味噌』試食希望と添えて下さい。


ひしお味噌を紹介しているサイトの紹介

http://www.hishio.co.jp

http://www.geolife.jp/NewFiles/hisio.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在お届けできるおかず味噌のご案内です

ご無沙汰してました。

お届けできるおかず味噌をご紹介したいと思います。
これから仕込みます。
数にも限りがありますので、お早めにご予約を頂いた方を
ご優先に発送致します。


   西京味噌   300g 8フラン

    ヒマラヤ岩塩の塩麹      210ml 8フラン
                        110ml 4フラン


Img_0863


              西京大葉味噌

              110ml  8フラン
              50ml   4フラン

        ※コチュジャン入りのピリ辛タイプと2種類ございます。


西京大葉味噌は西京味噌と刻んだ青紫蘇を自家製のみりんと練り合わせたおかず味噌です。
西京味噌で仕込むおかず味噌は、あまり塩分が高くないので、そのままピザソースとしてもお使い頂けチーズとの相性が抜群です。
9月の終わりに引っ越しするので、大量に生えまくってる大葉で西京大葉味噌を仕込めるだけ仕込もうかと思ってます。たくさん欲しい方、長期保存したい方のために、瓶詰めした西京大葉味噌は脱気して真空状態にするつもりです。開封後は冷蔵庫にての保存願いますが、瓶を開封するまでは冷暗所にて1年は保存が効くと思います。

       西京大葉味噌を使ったメニューのリンク先

http://kaitokotone.cocolog-nifty.com/hexehexen/2011/08/post-8fa3.html


http://kaitokotone.cocolog-nifty.com/hexehexen/2012/02/post-a574.html


Img_0093_3


       餅米と米麹の生きてるコチュジャン

            110ml  6フラン

              

         エゴマのコチュジャン漬け

           50ml   6フラン

   刻んだエゴマと炒りごま、コチュジャンとお味噌に漬け込んだおかず味噌です。
  ベルンの出店ではあっという間に売り切れてしまった、幻のおかず味噌。
  


定番メニュー、米麹のコチュジャンです。ほんのり甘いこのコチュジャンは餅米と米麹を発酵させたブドウ糖や糀菌の甘味です。砂糖はいっさい使っていません。
火入れせずに瓶詰めします。ブドウ糖もアミノ酸も麹菌も生きた状態のままのコチュジャンです。冷蔵庫の中での保存をおすすめします。冷蔵庫の中でも発酵は止まらずにゆっくりと生きています。
3ヶ月以内には食して頂きたいおかず味噌です。

         コチュジャンを使った記事のリンク先です

  http://kaitokotone.cocolog-nifty.com/hexehexen/cat45404581/index.html

           黒糖にんにくクルミ味噌

               110ml  7フラン
                50ml  4フラン

   
クルミ味噌です。黒砂糖と自家製みりんとにんにくで味付けしてます。おにぎりに最高に美味しいです。このおかず味噌はお味噌の存在や味を知らないスイス人でも、何是?美味しい!と出店の試食では必ず気に入って頂けています。

              
※くるみ味噌やコチュジャンはまた冬も仕込めるのですが、西京大葉味噌とエゴマコチュジャン漬けは今回限りになります。また来年の夏にうまく栽培できたら仕込みたいと思います。

ご予約は 

mailto kanablueovertone@gmail.com


telephone 076-582-79-08


までお願い致します。


Facebookページはこちらです。

http://www.facebook.com/pages/手作り味噌屋えきなせ屋/157624454345256


       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »