« 2012年9月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013-07-28

「覆水盆に返らず」というテーマのお味噌

1375006526841.jpg


1375006532671.jpg

熟成中の味噌、天地返し。
久しぶりの米麹仕込み。

いつも販売してる味噌は、甘口で塩分が少なく、大豆よりも麹の量が多く、熟成期間も3ヶ月~4ヶ月で食べごろになります。

しかし、この味噌を仕込んだのは2年前、とても塩分が多く、麹よりも大豆の量が多く、二年たっても味噌としては成り立たない味。

赤味噌になるのに、あと何年かかるのでしょう?
そして、この味噌に使った大豆は佐賀県の無農薬大豆、そして震災前に収穫された大豆です。

覆水盆に帰らず という想いがこもっている味噌。
こぼれてしまったお水をもとにもどすことは出来ないが、お水を拭き取る作業が必要。そのための、麹、味噌づくり。

数年かけて熟成した味噌には、なんだか値段がつけられないのが本音のトコで、

赤味噌になった暁には、線量が高い場所で生活せざるおえない人たちに届けたい。

三年後には、確実に赤味噌になってるので三年後の参議院選挙にまたまた大きな活躍を発揮するであろう、三宅洋平選挙フェスチームにも届けたい。

三宅くんの活躍飛躍にも胸がときめいたと同時に、根強い自民党を支持する日本国民の数の多さにもビックリ。

地球のエコシステムに限界が来てるのは、誰の目を見ても明らか。そこに危機を持って舵をとる政治家が必要。
この地球上に400基近くの原発がある、それを放射性廃棄物の最終処理方もまだ確実な解決がないまま稼働し続ける政治家たちが、もはや理想論としか思えない。


この幻の赤味噌を日本の東北、三宅洋平選挙フェスチームにどうやって届けられるか、三年以内に知恵や有志がやってくることを信じて。

| | コメント (1)

2013-07-27

イチゴの酵素シロップとイチゴのロージャム

Img_3480

スイス産のイチゴが出回る季節なので、イチゴ酵素シロップを大量に作りました。

なかなか発酵が進まなかったので、米麹をひとつかみ投入。

Img_3489

米麹を投入した後の、発酵力が半端ないです!

イチゴは濾したあとの果肉も残さず食べられるので、お金をかけてでもたくさん作るんです。濾したイチゴ果肉を私は『ロージャム(RawJam)』と呼んでます。

1375006825891.jpg

それは、加熱しないで出来上がることから、ビタミンも酵素を壊さず、発酵状態のまま食せるので、ミューズリーにいれたり、パンやパンケーキにつけて食べたりと、シロップよりもあっという間になくなってしまうのが

イチゴのロージャムなんです。

シロップの方は、かき氷にはもちろん、水割り、ソーダ割り、

でも、一番最近おいしく頂いてるのが、煮出したルイボスティーを冷やして、酵素シロップを加えてつくる酵素 IceTeeも美味しいですよ!

|

2013-07-24

沈黙からの解放

Img_3604_2

長い間、しばらくこのブログを沈黙状態を続けてしまってました。

いろいろありまして、、、といっても上の写真のように

おめでたい、いろいろです。

家もお引っ越しして、あの緑色のキッチンに別れを告げて

新しい環境でのお料理、発酵生活をはじめています。

出産も5月5日に無事に終えて、引っ越しにさらに輪をかけた新しい生活が始まってます。

沈黙していたとはいえ、ここ最近、またまた自分を揺るがす何かが始まりつつあるので、その第一歩をスタートするにあたって、このブログからの発信は欠かせないと思っております。

沈黙中もここを覗いて下さっていた、皆様ありがとうございます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年8月 »