« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013-08-30

我が家の手作り醤油、生醤油のすすめ・その二

Photo_2

人参、パプリカ、ズッキーニ、コールラビ(またはカブでも)を5mmくらいの大きさに角切りして、それらを生醤油に漬け込む。

醤油漬けにした野菜、瓶詰めにして冷蔵庫で保存。

みためも奇麗なので、いろいろな料理の引き立て役に。

Photo

アボガドにかけても美味しい。

Photo

納豆パスタにも混ぜてみました。

ご飯にのせたり、サラダに混ぜたり。

生魚が手に入るなら、これでカルパッチョを絶対に作ると思う!

生醤油と柚子胡椒で刺身が食べたい。。。

『生醤油のすすめ』と言っているのは、市販の醤油は火入れしてあり、酵素や麹菌は死滅した状態で販売されてます。長期保存したり、店頭に並べて販売するのに風味や味や品質を損ねないためにも、とても大事な行程なのですが、火入れしてない醤油は酵素も麹菌も乳酸菌も生きたまま、稀に売ってる生醤油はとても高いですし、家庭で醤油を手作りすると、生醤油を贅沢に楽しむことができます。

|

2013-08-29

我が家の手作り醤油、生醤油のすすめ・その一

Photo

今年も自家製の醤油が出来ました。

『自家製醤油ができるまで』の記事はこちら

手作りの醤油、ほんとに旨い、美味しい。

火入れをしないで、生醤油で食せるこの幸福感。

Photo

今回からは、使う分ずつ300ml〜500mlずつ濾して使うようにしました。

濾したあとのもろみの使い道に前回は頭を悩ませたのですが、

今回からは、この醤油もろみをそのまま、お漬け物の漬け床にしてみました。

天気のいい日に大根を切って、天日干しにすること2日間。

干した大根をそのまま醤油もろみの漬け床に2〜3日漬けました。

ぬか漬けと醤油漬けのあいのこのようなとても美味しい漬け物ができます。

濾したあとの醤油麹もろみは、生きた麹菌、乳酸菌、酵母に酵素がたくさん!

大根だけじゃなく、軽く天日干しした人参、パプリカでも美味しい。

ゴボウがあったら、ぜったいうまいはず。

干した大根でも、漬けたあとの漬け床は大根の水分で水っぽく、緩くなってしまいますが、乾燥しいたけや昆布を入れると、水分を吸ってくれて、風味付けにもなります。

|

2013-08-06

高野豆腐の唐揚げ

Img_3178

Img_3179_2

水に戻した高野豆腐を切って、おろしにんにくとおろし生姜を混ぜた醤油に浸します。

それに、片栗粉をまぶした高野豆腐の唐揚げ、とっても美味しいです。

そのまま唐揚げとして食べても美味しいけど

千切りにした人参と一緒に巻いて、お寿司にしても美味しかったです。

ベジタリアンの人にも喜ばれるし、高野豆腐の煮物なら食べられない人も唐揚げだったら食べれる!ってひともいるはず。

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »