« 息子のカイトが7歳になりました | トップページ | 料亭のような一品になる魚の焼き方 »

2014-09-30

和包丁の修復

先日、友人が「和包丁が欠けた」と持ってきました。

かなり大きく欠けてて、もうダメかと思ったけど、3種類の砥石を使って、なんとか手研ぎで修復することができました。

磨きだすと納得いくまで止められなくなるこの精神は、やっぱりムサ美の工芸デザイン科で培った精神だと再確認。

和包丁は外国人が使うには繊細すぎる、万が一欠けた場合にここには鍛冶屋さんがいないので修復できないことがすごく気がかりだったけど、欠けても自分で修復できることがわかったので、この心配事を克服できてとても嬉しい!

Photo

Before   かなり大きく欠けてます。

Photo_2

After  写真でよく見ると、まだ完璧じゃないけど初めての手研ぎ修復にしてはよくできたんじゃないかと思います。

Photo_3

我が家の包丁たち。

パン切り包丁以外は松原包丁で揃えています。

左から、麺切り、麺切り兼菜切り(大)、菜切り包丁、三徳文化包丁、出刃包丁、舟形ペティナイフ、パン切り包丁。

切る素材によって、包丁を選ぶことも楽しいし、

包丁を研ぐのも、台所仕事の愉しみの一つとなりました。

今でも、麺きり包丁、三徳文化包丁(大、中、小)、菜切り包丁、出刃包丁と揃えてますので、興味がある方はこちらにメール下さい。

kanablueovertone@gmail.com

松原包丁についての前に書いた記事です。

http://kaitokotone.cocolog-nifty.com/hexehexen/2012/02/post-a4ea.html




 

 

|

« 息子のカイトが7歳になりました | トップページ | 料亭のような一品になる魚の焼き方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事