季節の楽しみ

2015-01-07

餅つき大会で出店します

Mochifest_2014_de_2

2015年1月18日は今年一発目の出店です!

ZUG日本語学校主催の餅つき大会です。

入場無料、子供向けの日本の遊びイベントもたくさん企画されてるようで

餅つきが大好きな息子も連れて、家族で楽しみたいと思います。

私もお味噌やタレを仕込んでの販売予定です。

イベントまで買いに来れない方のために、郵送販売も予定しています。

来週中には郵送販売希望の方にメニュー表をお送りする予定なので

ご希望の方はこちらにご連絡願います!

kanablueovertone@gmail.com

この出店のお知らせ記事も、詳細などが分かり次第また更新したいと思います。

餅つき大会では、振る舞いお屠蘇(おとそ)をお配りしたいと企画してます。

振舞うお屠蘇は、私が仕込んだ3年熟成の味醂と、漢方セラピストでるアルヒホルツァー利香先生に調合して頂いたお屠蘇用の漢方で仕込んで持って参ります!

当日のスタンドでは、実際に利香先生がお屠蘇を配膳して下さいます。

餅つき大会での私のブースで実際に漢方医の先生ともお話できる機会を設けさせて頂きますので、漢方に興味ある方や、スイスで日本語の漢方セラピーを受けたい方、是非お屠蘇の試飲も兼ねて気軽に遊びに来てください!

 

 

|

2014-11-02

味噌作りワークショップ(手打ちうどんランチつき)

Photo_2

10月からの味噌作りは薪火で作業です。

ワークショップの味噌作りでも、薪をくべながら大豆を茹でます。

大豆が茹で上がるまでに、3〜4時間くらいかかるので、その間にランチを食べて、発酵食のお話をします。

Photo

今年のワークショップのおばんざいランチは「手打ちうどん」でした。

今年というか、来年もランチに「手打ちうどん」が定番になりそうです。

家庭で作る手打ちうどんの麺を、お店のような麺に仕上げるために、小麦粉にタピオカ粉を混ぜて作るレシピで作ってたのですが、最近はタピオカ粉なしで、小麦粉100%のうどんで勝負できるようになってきました。

何度も何度も作ってるうちに、自分なりの「手打ちうどん流儀」みたいなのが出来上がってきました。

*生地はあまり足で踏まずにパスタマシンで何度も重ねては、伸ばす、重ねては、伸ばす、を繰り返す。

*生地ができたら、切れ味のよい包丁で素早く切る

*麺は切ってから、冷蔵庫で1〜2日麺を熟成させる

このポイントをおさえたらMIGROS Weissmehlのみで、深いコシともっちりとした食感のうどんに仕上がります。

小麦粉の種類などをブレンドしたりとか、こだわってみようかとも思ったのですが、あえて、1種類の定番の小麦粉のみで、伸ばす、重ねる、切る、熟成させる、というプロセスをこだわった「手打ちうどん」です。

Photo

Photo_2

打ったうどんと、付け合わせの写真です。

うどんの付け合わせは、「甘酒と塩麹の生きてるゴマだれ」、「自家製生醤油」、「小葱」、「大葉の千切り」、「米麹ともち米のコチュジャン」、「麻の実」、「すりごま」。

3〜5名様でワークショップを開催します。(その場合はお持ち帰り2キロです)

お一人で5キロ以上のお味噌を持ち帰りたい場合は1名様でも2名様でもワークショップは開けます。

 

|

2014-10-12

麹を使ったお漬け物

Photo

太陽がとっても貴重な日々がやってきました。

特に我が家は霧の地域で、秋冬の朝はほとんどの日が霧、霧、霧、

午後から太陽がさしてくると、日の入りも短くなってきたし、

なぜか私はいつも、白菜や大根を干したくなってしまいます。

お漬け物を作る時に、半日でも野菜を日に当てると

歯ごたえよくなるし、余分な水分もぬけて、太陽パワーで栄養やビタミンも凝縮。

天日干ししなくても、お漬け物は美味しくできますが

天日干しした方が、いいことたくさんあるので、仕込む前のちょっと天日干し、おすすめです。

写真のお漬け物は、上が白菜麹漬け、下が大根べったら漬けです。

お漬け物もぬか漬けやら、塩麹漬けやら、常に常備できるお漬け物をいろいろと試したのですが、お漬け物は家族の中で私しか食べないので、結局は麹漬けとべったら漬けが一番常備しやすく、一人分を作るのに無理がないということに、最近は落ち着きました。

|

2014-09-18

息子のカイトが7歳になりました

Photo_2

なんと息子のカイトが7歳になりました。

誕生日にはお寿司が食べたいと言われたので、寿司用のサーモン、ブリなどを取り寄せて、ちょっと豪華な寿司ケーキや巻き寿司や握り寿司を作りました。

自分も家族もみんな大好きで食べたいものだったので、材料も奮発して豪華に作りました。

Img_4565

Img_4569

スイスの学校では自分の誕生日の日にケーキを持って行きます。

もう今年から7歳なので、ケーキ作りも参加してもらい、自分ができることは自分でやってもらい、デコレーションも自分でやって持って行きました。

Img_6513

Photo_3

Img_6515

ちょっと退屈な午後の日など、一緒におやつ作り。

白玉団子はカイトの大好物で、作るのも白玉粉とお水を混ぜて、丸めて、茹でるだけ、となんともキッズクッキングにパーフェクトな簡単さ。

もちろん、黒蜜は母が作りました。

Photo_7

肉まんの日は、生地に餡を包んで、形も整えてもらいます。

Photo_8

拾ってきたクルミも、全部上手に割ってくれました。

クルミを割るのはカイトの仕事で、中身を出すのは母の仕事。

大人になったら、料理は多少はできる大人になって欲しいなあとも、よく思います。

美味しいものが食べたくなったら、まずは自分で作ることが出来る男、これからの時代は大事ですよね。

私の夫も、家庭で料理がもっとできたらどんなにいいかと、、、何度も思ってしまうので、料理上手な大人になることの大事さを切実に教えてます。

我が家には1歳のももちゃんもいて、ももちゃんにとにかく手がかかるので、最近の7歳のカイトが小さな大人のように感じます。

ほんと、兄ちゃんになったなあと、ほっこりする親バカ写真ですappli01

Img_4706

Img_4850

Img_4826

|

2014-06-12

ボリューム満点のベジ丼

Photo_8

車麩の竜田揚げ

亜麻仁油と塩麹のもやしナムル

切り干し大根と人参のきんぴら

お麩を使った料理を展開中です。

車麩の竜田揚げはお肉をガッツリと食べたような食べ応えです。

Photo

冷たい蕎麦に

納豆と野菜昆布と玉葱のかき揚げと

コチュジャンをのせて

葛粉でトロミをつけたソバつゆをかけていただきます!

|

2014-03-25

ベーコンを作ってみました

実は年末から長いこと、日本は長崎に滞在しています。

日本にいる間に、一度学んでみたかったこと
手作りベーコンを作ってみました。
下準備まではできても、燻製がなかなか素人には簡単にできる事じゃないので、燻製の達人にベーコンの燻製を教えてもらいました。

Img_5010

驚異!なんと豚バラ5キロです!

Img_5011

豚バラの表、裏にフォークで無数に穴を開けて

塩、ハーブ、スパイスをお肉に擦り込んでいきます。

Img_5108

10日ほど、塩漬けしたお肉を流水にあてて塩抜きして

お肉を寒風に一晩さらして乾燥させます。

Img_5119

乾燥したお肉を燻製させます。

DIYの達人でもある佐藤さんの自家製薫製機が凄すぎる!

Img_5127

燻製を始めて5時間くらい。

もうそろそろ出来上がりのようです。

Img_5138

出来上がったベーコンを干して少し乾燥させました。

寒かったけど、寒いといいベーコンが出来るそうです。

息子のカイトに『おいしい!おいしい!』と喜んでもらえてとても嬉しかったです。

子供は本当に、ベーコン、ハム、ソーセージなどの加工肉が大好きですね。そして、加工肉には添加物もたくさん\(*`∧´)/

自家製はお肉の産地や、塩までも選べます。

スイスでも、加工肉は自家製できたらなあなんて思ってますが、次回の燻製は一人でできるだろうか。。。

佐藤さん、本当にありがとうございました。

 

|

2013-07-27

イチゴの酵素シロップとイチゴのロージャム

Img_3480

スイス産のイチゴが出回る季節なので、イチゴ酵素シロップを大量に作りました。

なかなか発酵が進まなかったので、米麹をひとつかみ投入。

Img_3489

米麹を投入した後の、発酵力が半端ないです!

イチゴは濾したあとの果肉も残さず食べられるので、お金をかけてでもたくさん作るんです。濾したイチゴ果肉を私は『ロージャム(RawJam)』と呼んでます。

1375006825891.jpg

それは、加熱しないで出来上がることから、ビタミンも酵素を壊さず、発酵状態のまま食せるので、ミューズリーにいれたり、パンやパンケーキにつけて食べたりと、シロップよりもあっという間になくなってしまうのが

イチゴのロージャムなんです。

シロップの方は、かき氷にはもちろん、水割り、ソーダ割り、

でも、一番最近おいしく頂いてるのが、煮出したルイボスティーを冷やして、酵素シロップを加えてつくる酵素 IceTeeも美味しいですよ!

|

2012-04-30

塩麹と間引き野菜de ニッポン晩ご飯

Img_0465


4月のある日の晩ご飯


★半日干し大根の塩麹漬け

半月型に切った大根を半日天日干しして
塩麹に丸一日漬けときます。


★塩麹漬けサーモンのバターソテー

相変わらず塩麹漬けのサーモンバターソテーは夫と子供に大好評です。


 
★間引きカブの葉っぱとニンニクの塩麹炒め

フライパンでサーモンをソテーしたあとに、少しバターが残ってたので
そこにニンニクとカブの葉を入れて、さっと炒めました。
そして最後に塩麹漬けしていたサーモンを入れていたビニール袋に余ってる
塩麹をカブの葉の炒め物にいれて、塩麹で味付けします。
これで、バターもサーモン漬けの塩麹も無駄なく消費できました。
ほうれん草や小松菜、空心菜でも美味しそう!


 
★間引きサンチュの胡麻塩麹ドレッシングサラダ

胡麻を擦って、ごま油、塩麹、お酢、アガベシロップ(もしくは甘酒か砂糖)を
混ぜ合わせた即席塩麹ドレッシングです。簡単で美味しい。
間引いたサンチュに合えて食べました。


 
★間引き春菊の味噌汁

間引き野菜は繊細なので、春菊は煮立たせないないように。
ちなみに、お味噌も煮立たせないように!

 
Img_0464_5

Img_0453

そう、わざわざ今日の晩ご飯をブログにアップしたのは、
今年初の収穫で晩ご飯をこしらえたからですheart04

4月の天気がひどすぎて畑の様子はかなり寂しいです。
でも、春菊やサンチュやカブなど寒さに強い野菜はかろうじて育っています。
間引きして食べれるくらいには成長してくれてます。

春には山菜や間引き野菜をたくさん食べます。
間引き野菜、カイトが最近苦手な緑の野菜たちばかりですが
間引きサンチュの胡麻塩麹ドレッシングはカイトもたくさん食べてくれました。
間引いた小さい若いサンチュやレタスはアクが少なく
歯ごたえも柔らかで、ちょっと野菜が苦手な子供でも食べやすそうです。

畑がなくてもプランターでレタスや春菊や水菜はよく育ちます。
たくさん種を植えて、少しずつ間引きしながら食べながら
残った野菜たちを大きくしていく、ミニミニ自給の研究を始めようかと計画中です。

というのも、引っ越し先は未定なのですが
次の引っ越し先で畑付きの物件を探すのが困難極まりないので
ベランダ、プランターを最大限に利用してミニミニ自給野菜のノウハウを
身につけることに、頭を切り替えてなんとかポジティブに
また、物件探しをはじめました。

いい家が見つかるといいなcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-04-25

偶然できたナポリ風ピザ

Img_0437


ピザ生地を作ろうとしたら、小麦粉が足りなくて、、、、
代わりになる粉は、、、、、、、ないかと考えて
なんと餅米粉を代用して小麦粉:餅米粉=2:1の割合

ピザ生地を作ってみたら、焼き上がるまでドキドキでしたが
なんと、とってもカリッとしてなかはモチモチのとっても美味しい

ナポリ風のピザ生地になりました!!

あまりにも美味しかったんで、ブログにアップしました。
焼いたオーブンは石焼きオーブンです。

引っ越しが確実に決まって(引っ越し先はまだ未定)
もうこの150年も家を暖め続けたこの石の暖炉は夏で
この世での彼の役割を果たし終える予定です。

150年経っても、まだまだ使えるこの昔の耐火石をまた何かに再生したくて

この家が取り壊されるときに、この暖炉の耐火石を解体して
新たにピザオーブンに再生できないかと、切望しているのですが、、、、
業者に解体してもらって、また引っ越し先まで運んだりとか
ただでさえ、引っ越しが大変なのにそれは無理だと夫には
速攻却下されてしまった、私のアイデア。。。

こんなに素敵なピザが焼けるのに
石のチカラはすごい!
全ての石には意思があるという、インディアンの教えを私は深く信じています。
たくさんの子供が石や天然石にやたらと反応する光景をよく見かける。
石には意思があるから、子供も惹き付ける。
150年間、燃やされて熱を蓄熱して働き続けた耐火石。
産業革命の幕開けとともに生まれたこの石の暖炉は火に燃やされながら
家の中で移り行く人々、変わっていく時代、全ての産業革命を見きたこの耐火石には
どんな意思が詰まってるのだろうか?

やっぱこのオーブン、再生したい!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-03-31

甘酒チョコアイス

砂糖なし、卵なし、乳製品なしのアイスクリームの正体は
甘酒とアガベシロップです。
ニッポンの発酵デザートとして、マイブーム、研究中の一品です。

ムスコに『甘酒のアイスはチョコレートだったら食べるよー』なんてナマイキなことを言われたのですが、めげずにチョコ味のアイスを作ってみました。
予想通り大好評でした。甘酒を全く知らない、スイス人の友達や子供達も
パクパク食べてくれて、自身がついてきました。
そう、このアイスは食べたあとに喉が渇かない!後味スッキリのアイスです。
お試しになりたい方のために、レシピ分量の覚え書きです。


Img_0274_2

Img_0248


チョコ味の甘酒アイス覚え書き


★14〜20個の氷ができる製氷器に凍らせた甘酒
★ココアパウダー 無糖  大さじ4〜5
★アガベシロップ     お好みで適量、ナシでもオッケーです
★生クリーム       200ml (豆乳の場合は120〜150ml)


生クリームとアガベシロップ、ココアパウダーをミキサーにかけて、もったりとしてきたら冷凍甘酒も加えてシェーク状になるまでミキサーにかけます。
タッパーなどの器に移して、冷凍庫に入れます。
1〜2時間おきに冷凍庫から出して、空気を含ませるように混ぜます。

ウチの子やスイス人の夫は、まだまだ甘酒初心者なので少しでもアイスの味に近くなるように生クリームを使ってみました。完全に乳製品を避けたい方は、豆乳で作って下さい。
甘酒の甘みで十分だと思う方は、アガベシロップなしで作れます。


★上の写真の製氷器の甘酒が少し茶色いのは玄米で作った玄米甘酒だからです


| | コメント (2) | トラックバック (0)