コチュジャンを使って

2011-08-25

青い生鮮薬味と赤い発酵薬味で食べる、韓国冷麺アレンジ料理

Photo

またまた暑い日が戻ってきて、この10日間くらい山にキャンプに行って湖で泳いで、毎日のようにプールに行って、とても幸せでした。
日本で生まれ育った私としては、夏は暑い暑いとうだりながらたっくさん汗をかいて日に焼けて、冷たい麦茶を飲みながら冷たい食事を食べる日々がないと夏としてもの足りませんcoldsweats01
30℃を越える日の昼ご飯にはまったメニューが、コレでした!
チューリッヒの韓国食材店で購入した乾燥冷麺です。まるで糸こんにゃくに近い食感で、そうめんとは全く違う味と食感です。でも、そうめんと同じく2、3分で茹で上がるのでとっても調理が手軽です。
写真やレシピでは牛をベースにしたスープで、細切りにした牛肉やひき肉、ゆで卵や野菜をのせて食べるようですが、韓国冷麺を私流にアレンジして調理しました。
少し前に冷や汁そうめんを紹介しましたが、今回は冷や汁韓国冷麺です。

スープは
すり鉢でゴマを擦って赤みそと白みそを大さじ1ずつ、冷たいダシ汁を少しずつ加えて混ぜます。
私は冷蔵庫で一晩乾燥シイタケやいりこや昆布をお水につけといて、水出しのダシ汁をいつもストックしてるのですが、なければ粉末のダシをお水に加えて作ってもできます。冷や汁はダシが効いたお汁じゃなくてもお味噌だけで作ってもおいしいです。

茹でた麺を流水で冷やして
たっぷりの万能細ねぎと青紫蘇をみじん切り、大根の葉っぱもみじん切りにして塩揉みにする、トマトものせて、コチュジャンをたっぷりのせて、コチュジャンと麺と冷や汁をからめながら食べます。

青い生鮮薬味と赤い発酵薬味が効いた冷麺で、食べるととっても活力が沸いてきます!fuji


Photo


暑い日は冷たく冷やしたキュウリのキムチ『オイキムチ』も、夏に何度も作りました。
我が家では食べるの私だけなのが、ちょっとさみしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-08-15

自家栽培の青紫蘇の葉で大人のおにぎり

Photo


紫蘇は栽培するのとっても簡単です。
簡単だけど、いわゆる刺身の付け合わせに出てくるような、
日本のスーパーに売ってるような、鮮やかで柔らかな紫蘇の葉を育てるには、案外繊細な工夫などが必要になります。バジルと同じで、あまりにも日に当てすぎると、ごわごわとしたかたい葉っぱになってしまいます。かたくなる前に収穫するのも一つの手ですが、紫蘇の葉はどんどん生えてくるので、食べることと収穫が追いつかなくて、手のひらよりも大きな堅い紫蘇ができてしまうことがよくあります。

私は堅くなってしまった紫蘇の葉は、、、

コチュジャン、味噌、しょうゆ、みりんを同じくらいの割合で
混ぜ合わせて洗ってキッチンペーパーかガーゼで水気を拭き取った紫蘇の葉に塗って重ねていきます。
一度このブログでも紹介したことのあるエゴマのコチュジャン漬け
同じ要領です。
コチュジャンや味噌がない場合でも醤油だけで浸しても十分においしい
大葉しょうゆ漬けができます。

この大きくて堅い青紫蘇が次の日にはしんなりしてコチュジャンとお味噌によく味がなじんでます。おにぎりを握ってくるりとこの青紫蘇の葉を巻いたら、ちょっとピリ辛でオシャレな大人のおにぎりのできあがりです。堅い紫蘇の葉は漬けにしてお握りに巻くのがお薦めです。
この紫蘇のコチュジャン味噌漬けやしょうゆ漬けは冷蔵庫で3ヶ月は持ちますが、やはり早めに食べきる方が紫蘇の香りが強くておいしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-19

赤いコチュジャンと緑の食材

Dscn0346_2629_4

コチュジャン!!買って頂いた皆様、どうもありがとうございました。
おかげさまで、イベントの日はコチュジャンは売れ残りは一つだけで
ほぼ完売でしたhappy01scissors

あれからそれぞれの家庭でどんな風に調理されてるんだろうと
そんなことを考えながら、私もこのコチュジャンを食べてます。


   
Dscn0349_2632_3


Dscn0361_2644_2


エゴマってご存知ですか?上の写真はエゴマです
一見、シソのようです。そしてシソの仲間です。
韓国ではエゴマは日本人とシソのような関係だと聞きました。
ところが、長野や飛騨や中部地方では家庭菜園に必ずエゴマを育てるとこが多いようです。2月に飛騨の高山に行った時も、エゴマの種がはいったシフォンケーキを頂いて、すっごくおいしくてプチプチした食感がたまらなくおいしくて感動しました。
私も今年はこのエゴマの実(タネ)を採種して、料理やお菓子作りに活用したいのでたくさん栽培しています。エゴマの葉っぱはもう食べれる大きさになったので、さっそく韓国風のおひたしにしてみました。エゴマの葉っぱじゃなくても、青シソでも代用できると思います。

cloverコチュジャン、しょうゆ、みりん、いりごまを混ぜ合わせて、洗って水気を切ったエゴマの葉っぱに一枚一枚、塗って重ねて冷蔵庫で保存します。青シソでも代用できます。

これをご飯やそうめんにいれたり、おにぎりに巻いてもおいしい!


Dscn0372_2655_2


Nva2g_2


今はアスパラガスが旬ですね!
ちょっと高いけど、やっぱりおいしい。
私は茹でるのも蒸すのも、少しかためが好きです。

いりゴマをすって、赤みそとコチュジャンを1:1の割合で
おしょうゆとみりんとごま油も少し足して混ぜて
蒸した(茹でても)アスパラと和えました。

この和え物だけで、ご飯が食べれます。
この和え物はアスパラだじゃなく、ブロッコリーでも
いんげんでも、緑の野菜にとってもあいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-04-28

昔ながらの手づくりコチュジャン

Dscn0293_1807

昔ながらのコチュジャンって???

最近、なすんじゃさんの韓国料理の本などを中心に韓国料理にはまっています。韓国料理といえど、調味料やキムチに限ってるのですが。

そして、なすんじゃ伝授をもとにコチュジャンを作りました。


Dscn0271_1785


Dscn0278_1792


昔ながらのコチュジャンとは、、、なんと米麹と炊いたもち米を混ぜ合わせて
6時間保温するとに甘い甘い甘酒みたいな味のドロドロのお粥に変化します。タンパク質の糖化現象です。

Dscn0287_1801

これに、韓国産の粉唐辛子と塩をよーく混ぜ合わせて1週間発酵させたものが、昔ながらのコチュジャンです!!
最近のコチュジャンは水飴や豆味噌などを混ぜ合わせて作られたものが主流なのですが、この米麹ともち米の優しい自然な甘みと発酵でできた、コチュジャン、とってもおいしいです!!
マイルドな辛さに仕上がりました。

ウチでは、辛い料理が好きなのは私だけ。
ほんとはこのコチュジャンを使って、
たくさんの調味料や炒め物に使えるのだけど、
私は卓上にこのコチュジャンを置いといて、
もうちょっとチャーハンやスープ、炒め物に辛いパンチを効かせたときに、
私だけできた料理にのっけて食べてます。

食べるラー油という調味料が流行ってますが、我ながらこのコチュジャンは食べる麹(こうじ)だなあと思います。食べる麹シリーズはこれからもどんどん種類を増やしたいです。

コチュジャンはそれぞれの家庭によって、
千差万別の使い方がある調味料のようです。
どうぞ、このコチュジャンを手にした際は、たくさんの活用法でおいしく調理して下さい!
こんな使い方をした、こんな調味料ができたなどの、報告も募集します。

5月8日のAarauで開催される、日本へのチャリティイベントで販売させてもらいますので、すでに300グラム欲しいなど、ご希望があれば受け付けますのでよろしくお願いしますfullmoon

     

        

 なすんじゃさんのキムチ・ナムルとおかずの教室

    


   


                                                                                                                                                                                                     韓国料理が大好きです。チューリッヒにて、韓国の食材が手に入るのでスイスで生活しはじめて、韓国の食材や料理が日本にいたときよりも身近に感じます。
実は、スイス料理より韓国料理がずっと好きcoldsweats01
スイス料理は毎日は食べれないけど、韓国料理なら食べれる。。。。。気がして。

5月8日は、カクテキ、、、ダイコンのキムチの販売も予定しています。
欲しい方は、お早めに来て下さいね!!

    

| | コメント (1) | トラックバック (0)